満岡内科・循環器科 諫早市金谷町にある内科・循環器科の有床診療所です。
満岡内科・循環器科

  外観写真満岡内科・循環器科
〒854-0004
長崎県諫早市金谷町4-1
TEL 0957-22-2927
 

院長紹介
 
2013年10月撮影
 ●

 ●略歴
  昭和33(1958)年 長崎県諫早市生まれ
  昭和52(1977)年 鹿児島ラ・サール高校卒業
  昭和59(1984)年 九州大学医学部卒業
  昭和59(1984)年 九州大学医学部循環器内科
昭和59(19 84)年  (中村元臣教授)入局
  昭和61(1986)年 九州大学医学部心研で
昭和61(19 86)年  狭心症の研究
  昭和63(1988)年 九州大学医学部循環器内科医員
  平成01(1989)年 佐賀県立病院好生館内科医員
  平成03(1991)年 愛媛県松山赤十字病院
平成03(1 991)年  循環器科副部長
  平成06(1994)年 父・満岡剛太郎のあとを継いで、
平 成06(1994)年  満岡内科・循環器科を開業

 ●資格・役職
  昭和56(1981)年 英検1級
  平成03(1991)年 日本内科学会認定内科医
  平成05(1993)年 日本循環器学会認定専門医
  平成12(2000)年 日本医師会認定産業医
  平成18(2006)年 諫早医師会理事
  平成19(2007)年 諫早市介護認定審査会会長
  平成24(2012)年 諫早医師会副会長

 ●研究のテーマ・関心のあること
  冠動脈スパズムのメカニズム
  循環器疾患の疫学

 
ごあいさつ

満岡内科・循環器科のホームページをご訪問くださり有難うございます。
院長の満岡渉です。

当院は大阪万博のあった昭和45(1970)年5月、私の父で現名誉院長である
満岡剛太郎が開院いたしました。
当時の名称は満岡内科医院で、当院のロゴマークにあるような小さな建物でした。
昭和54(1979)年に増改築して現在の建物になり、平成6(1994)年、剛太郎が勇退し、
私が後を継いで、満岡内科・循環器科と名前を変えて現在に至っています。

当院の診療科は内科全般で、なかでも循環器内科が専門です。循環器内科とは
高血圧や心臓病(狭心症、心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症、心不全など)を
診断・治療する科で、これらと関係の深い糖尿病・高脂血症も診療します。

血圧・血糖・中性脂肪の異常(=いわゆるメタボリック症候群)や、
コレステロールの異常、胸痛・どうき・息切れなどの心臓に関する症状について、
お気軽にご相談ください。

このホームページが皆様のご参考になれば幸いです。 


2009年2月11日
満岡内科・循環器科 
院長 満岡渉
 
▲このページのTopへ
 
満岡内科・循環器科 〒854-0004 長崎県諫早市金谷町4-1 TEL0957-22-2927  Copyright(C)2009 Mitsuoka Clinic. All rights reserved.